フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.9 by高輪クリニック歯科医師 小原  | トップページ | 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.11 by高輪クリニック歯科医師  »

2012年9月27日 (木)

8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.10 by高輪クリニック歯科医師 小原

---------------------------------------------------------------------
小原国際和合医療学会理事 鈴木正大氏主催セミナー

『感動を生み出すホスピタリティー』に参加して

高輪クリニック歯科医師 小原一真
---------------------------------------------------------------------
昨今、「医療はサービス」という言葉を耳にしますが、
上記のことを踏まえますと、医療はサービスはプロとして患者さんに
提供することは必須だが、所詮、天然鮎と養殖鮎に例えると
客人に養殖鮎の提供に値する。

医療関係者が集う施設をホスピタルと称するからには、
究極、患者さんには天然鮎を振舞う気概が必要だと認識しました。

またクリニック、医院の経営を考えると称して
サービス精神から、患者さんと医者の関係に主従関係を結ぶ若手の医師、
特に歯科医師が増えつつあると思います。、

主が患者さんで、従が医師という関係には、医療の玄人が医療の素人に情報を提供するにあたって支障になることがあります。

『患者様』と呼びなさいという医療系ビジネスマナー指導者の意見には私は、
賛成しかねます。

究極自他同一の関係から、より多くを知っている医師が患者さんを
力強く引っ張っていくことも時として必要です。

ここに『医療の本質はホスピタリティーにあり。
医療機関の名称はホスピタルである』の真の意味があります。

それにしても奥が深く、いつになったらその域に
到達するのだろうと思ってしまいますが、

陰山院長にそう発言したら、即座に
『少しずつと言ってる奴は未来永劫、その粋に達しない。
今できなくても必ず、天然鮎を振舞える医師に必ずなります。
と言い続けろ。
一瞬の意識の変遷で
直ちにできるようになる準備のために』
と言われるなとふとっ思いました。

陰山院長はその後、究極意識がつながると、
相手の心が読み取れるようになると、昨今テレビ露出が著しい

自称メンタリストのダイゴを『彼はまだ甘い』と落しておいて、
ダイゴ顔負けの超能力に見える心の透視術を披露しました。

五感を用いているとおっしゃっていたので、
仕掛けがあるようにみえましたが、
それを突っ込まないのも、
ホスピタリティーの一つかと思いました。(俺って、大人。)

さて陰山先生は、病院でかようなことをしてくれる
エンターテイメント重視型の医者がたくさんいたらよいでしょう!
とはしゃぎながら自己紹介やダイゴばりのパフォーマンスに力を入れ過ぎ、
40分の時間配分を間違え、結論を言う前に
持ち時間をオーバーしてしまいました。

つづく、、、


------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
高輪クリニックHP
http://takanawa-clinic.com/

国際和合医療学会HP
http://kokusaiwagoiryo-gakkai.or.jp/ 


陰山康成FB
http://www.facebook.com/yasunari.kageyama.9#!/yasunari.kageyama.9

国際和合医療学会FB
http://www.facebook.com/yasunari.kageyama.9#!/iwma.secretariathttp://www.facebook.com/yasunari.kageyama.9#!/iwma.secretariat

« 月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.9 by高輪クリニック歯科医師 小原  | トップページ | 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.11 by高輪クリニック歯科医師  »

セミナーレポート」カテゴリの記事