フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.6 by高輪クリニック歯科医師 小原 | トップページ | 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.7 by高輪クリニック歯科医師 小原 »

2012年9月10日 (月)

ベラルーシ共和国国家報告書 その40

科学者もまだチェルノブイル原発事故の影響については医学及び生物学、
また社会的かつ環境面についての包括的情報が分かっておりません。

要約致しますと、チェルノブイルの汚染地域はとりわけ複雑な社会経済状況に
直面することになりました。

この様な状態に於いては、長期的な回復過程についてのみお伝えできるのです。

つまり、失われた潜在力を安全な生活状態や経済セクターの発展に
緩やかな形で導入して行くことであるのです。

こちらは汚染地域の国民の健康を害することなく、
安全に機能することが可能になります。

付加費用とは事故あとの影響緩和と放射能汚染地域における様々な部門の
通常時経済運営確保のことを示し、
こちらには全国民の安全な生活環境作りも含まれます。

これらマイナス要因に関する賠償費用には次のものが挙げられます。
・損害の出た資源賠償費用及び損失利益
・除染作業一連の費用と放射能モニタリングの組織化

被害対策実行評価とは確実なものではありません。

これは、汚染地域でも様々な異なる生活場面があり、
反映される表面上の関連性からは見えにくい複雑な要素があるからです。

科学者もまだチェルノブイル原発事故の影響については医学及び生物学、
また社会的かつ環境面についての包括的情報が分かっておりません。

要約致しますと、チェルノブイルの汚染地域はとりわけ複雑な社会経済状況に
直面することになりました。

この様な状態に於いては、長期的な回復過程についてのみお伝えできるのです。
つまり、失われた潜在力を安全な生活状態や経済セクターの
発展に緩やかな形で導入して行くことであるのです。

こちらは汚染地域の国民の健康を害することなく、
安全に機能することが可能になります。

つづく、、、

« 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.6 by高輪クリニック歯科医師 小原 | トップページ | 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.7 by高輪クリニック歯科医師 小原 »

ベラルーシ共和国国家報告」カテゴリの記事