フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.4 by高輪クリニック歯科医師 岩淵 | トップページ | ベラルーシ共和国国家報告書 その39 »

2012年8月28日 (火)

ベラルーシ共和国国家報告書 その38

この2350億ドルに及ぶ損害には輸送機関、
通信連絡網、地域施設も含まれます。

鉱物や原料、大地、水、森林、
その他資源の汚染も然ることながら、
除染の追加費用や大惨事影響の最小限化
及び安全な生活環境作りにも割かれました。

産業維持費用と保護対策適用には
1917億ドルが費やされ、
損害全体の大部分(81.6%)を占めています。

直接および間接損害は300億ドル(12.6%)を占め、
利益損失は137億ドル(5.8%)と推定されます。

直接被害に該当するものの中に、
今では利用されなくなったベラルーシ共和国国富の
構成部分が含まれます。

基本となる生産資産と株、社会インフラ施設、
居住スペース、自然もこちらに該当します。

以下は間接被害について触れています:
  間接被害とは、経済的影響と社会的要素
  (居住水準、生活の在り方、国民の健康水準)
  によって決まる損害のこと、

これらが生産活動を阻止または
終止符を打つこと原因になり、
汚染区域からの避難による損害の他に、
労働生産性の減少と物価の高騰が起き、
国や共同組合、個人の所有物の維持が困難になる。

続く、、、

« 8月5日開催『感動を生み出すホスピタリティー』セミナーレポートVol.4 by高輪クリニック歯科医師 岩淵 | トップページ | ベラルーシ共和国国家報告書 その39 »

ベラルーシ共和国国家報告」カテゴリの記事