フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« ◇◆◇残席わずか!!セミナーご案内◇◆◇ | トップページ | ベラルーシ共和国国家報告書 その34 »

2012年8月 7日 (火)

【知夫里島音楽ヒーリングツアー2012レポート Vol.1 by高輪クリニック鍼灸師・新井悠介】

皆さまこんにちは。
暑い毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか??

先日、国際和合医療学会では島根県・知夫里島音楽ヒーリングツアーを開催させていただきました。

そちらの模様を高輪クリニック勤務鍼灸師 新井悠介より以下、
つづらさせていただきました。

是非ご一読していただければ幸いです。
-------------------------------------------------------------------------


7月27~7月29かけて毎年恒例の和合医療学会主催知夫里島ツアーが未だかつてない程
の盛り上がりをみせて無事終了致しました。

"行けば治る"音楽ヒーリングツアー>と 大体的に題された本ツアー。
天候にも恵まれ、最高の和合メンバーとともに過ごした 熱い夏の思い出を
独断と偏見をもって綴らせて頂きます。

今回の和合ツアーで際立っていたのはその団結力なのですが、
早速初日から、そのパ ワーは過剰なまでに発揮されていました。

例年通りだと、各々がバラバラになって行 動することが多いのですが、
今回は、最初の集合場所である米子港から皆様一致団結 して
挨拶がてらにお酒を酌み交わしていました。

50名近くの大所帯が突然来訪したため、
お店の方は次から次へと鳴り止まない注文の嵐にそれはもうてんてこ舞い、
すみ ませんでした、来年は予約します。

知夫里到着後ツアー初日の目玉である健康セラピーが休む暇もなく早速開催。
気合い 満天スイッチ入りっぱなしの鈴木正大さんを司会に
和合ツアーイベントの最初の火蓋 が切って落とされました。

先鋒は、薬を使わない精神科医の宮島賢也先生です。
自身の体験を元に、健康は自らの身体の声に耳を傾けることから始まり、
お医者さんの言うことを鵜呑みにしていたら
病気は深みにはまるばかりであると喝破されます。

病気の真意は、貴方の苦しい生き方をもっと楽にして良いんだよ
という命からの愛のメッセージなのだそうです。

目には決して見ることが出来ない命の言葉を
私達が感じることができる日が訪れたなら、
もはやお医者さんは必要とされなくなるかもしれないですね。


次峰は、医師と武術家という二足の草鞋を履く松村浩道先生です。
松村先生は、NPO法人うつ支援ネットワークの理事長をされているのですが、
ウツの経済損失は、2兆 7000億円とインドネシアの国家予算並みなのだそうです。

そのウツを救う鍵となるのが、誰かと繋がっている感覚です。

そしてこの貴方と私が実は別々ではなく、
繋がっているという感覚を磨くのにもってこいの武術が合気柔術です。

そうです、松村先生 にとっては、
医師としての仕事も合気柔術師範としての修行も一つ、
一足の草鞋だったのです。

この合気を実践すると、力一杯掴んでいる相手と
一切ぶつからずにいとも簡単に相手を転がしてしまいます。
この時の内部感覚をいかなる状況においてもコントロールできれば、世界は一つ、
そう和合への道です。

まずは、実践あるのみです。

副将は、東北治療家の総長千葉英士先生です。
ストレッチの誤った認識を伝えて頂きます。

試合前や本番前にウォーミングアップの一貫としてストレッチを行うと、
人間の身体は、本来のパフォーマンスを十二分に発揮できないんだそうです。
筋肉を伸ば しきったままキープすると、
筋肉内にあるセンサーのブレーカーが落ちてしまい、
本来の筋肉の役目である縮む力が活かせなくなるようです。

そこでオススメは、使う筋肉の特性に合わせて、
ストレッチとは逆に十二分に縮ませ続けます。

それはそれは新しい感覚。
魔法のようです。

これまた、ただただ実践あるのみです。

総大将は、れいきマスター下地雅也先生です。

前回の知夫里ツアーの際、霊気は本当は凄いんだよと氏家会長から諭された下地先生は、
そこから絶え間なくれいきのチューニング、進化の道を模索し続けているのだそうです。

そうして辿り着いた先が、何ものにも影響を受けないれいき、
空の世界です。

通常私達の命は、じぶんの信念や好ましい情報に接するとパワーが生まれ、
逆に、信念に反したり、好ましくない情報に接すると
力が抜けるようになっています。

しかし、この新しく進化したれいきのアチューメントを受けると
何事にも動じない、すなわちいかなる状況においても
一切ストレスを感じなくなります。

この境地に辿り着けば、ありとあらゆることが貴方の自由、
無限の選択が可能になります。

恐るべしれいき・・・

さあいよいよ初日の大目玉、知夫里教育長いんきさんの隠岐民謡と
奇跡の歌声いわみかおりさんの共演です。

まずは、いんきさんの登場です。
隠岐伝統の舞妓さんの踊りと共に、
味わい深くどこか懐かしくて切ない独特のシマ唄が胸の奥に鳴り響きます。

そのビジュアルとはかけ離れた精妙な音色です。

続いては、いわみかおりさんのお返しの演奏です。

得体のしれない五つの楽器を用いて、
脅威の美声とともにその艶やかな音色を知夫里全土に響き渡らせます。

思わず大感動大感謝。

知夫里にきて良かった。
ありがとうございます。

そして大満足のとどめに登場は、
我らが高輪クリニック院長和合メンタリスト陰山先生です。

今や風雲児と化すDaigoによって注目を浴びつつあるメンタリズム。

時代の寵児に負けずとも劣らない技を引っさげての演舞で、
場の空気を掴んでいきます。

最後のネタではその場で起こることを予言し、な
んとあの素芳先生をも唸らせてしまいました。

陰山先生は、一体全体何処に向かっているのか、、、、
全くもって計り知れな いですね。。。

もちろんこの後も、時間無制限の和合懇親会は夜な夜な続きます。

明日のことは、明日考えれば良いんです。


VOL.2に続く、、、、

高輪クリニック 鍼灸師 新井悠介

« ◇◆◇残席わずか!!セミナーご案内◇◆◇ | トップページ | ベラルーシ共和国国家報告書 その34 »