フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月14日 (水)

ホールボディカウンターおよびスペクトロメーターの違いについて

ホールボディカウンターは内部被曝を外から計測する機器に対しての総称です。
1

一方スペクトロメーターは環境線量を計測することを主としてつくられた機器です。
2

しかし、スペクトロメーターのしくみはホールボディカウンターの計測機器とまったく同じハードで、ソフトの処理の違いだけです。

クリスタルが多数詰まっている筒がハードのしくみで非常に単純です。スペクトロメーターを生体に充てることで内部から放射させるα線、β線、γ線をSV単位で計測します。

これで内部被曝の計測をすることができますが、計測限界に関してはスペクトロメーターでは業者に言わせると数字でだせないということですが、グラフに現れたカーブの面積から推測するに0.001μSⅴ程度と考えられます。

スペクトロメーターは定性分析(どんな核種が内部被曝しているか)および内部被曝があるかないかの確認に有効です。ただし環境線量が1μSVを超えるような場所では正しい計測値をだすことは不可能です。

(東京では問題はございません)


一方のホールボディカウンターで当院でも採用している放射性ヨウ素131、134用の甲状腺モニター、セシウム137を計測するための椅子型ホールボディカウンターでは、γ線のみを測定します。

放射線核種はそれぞの固有のkevで現されるエネルギーを有しており、放射性ヨウ素131では364KeV、セシウム137では662Kevが放射されており、それぞれ対応するクリスタルが感知する光子の数をベクレル単位で表現します。

計測時間は約5分に設定していてそれで十分ジャッジすることができます。ホールボディカウンターの問題は、α線、β線は計測できなこと、内部の被爆を外から計測するが故の計測限界があること、そしてなによりも内部被曝をしていなくても計測値を表示することです。(誤差をつけて数字を提示するので)

ホールボディカウンターでの計測は、過敏に放射線被曝を懸念している方には、被曝していなくても数字がでることから精神衛生上の問題があると認識しています。またもし被曝を懸念する数字がでた場合の日本基準が厚生労働省から発表されていないので、安全か危険かを判断できないことも問題です。

まずはスペクトロメーターでの計測をして内部被曝をしているか否かをアバウトにジャッジすることが最も大事で、
どうしても詳細の知りたいという方には甲状腺モニターと椅子型ホールボディカウンターでの計測をすることにしています。

また蓄尿を1320で計測して1KGあたりどれだけのベクレル数の放射性同位元素が含まれているかを計測することも開始します。ベラルーシ製シンチレータータイプの機器の計測限界は1L1時間の計測で10~20ベクレルと言われています。
日本ではゲルマニウム半導体タイプの機器に対しての信頼が強いわけですが、その計測限界は数ベクレルです。したがってゲルマニウム半導体のタイプが好ましいわけですが、メンテナンスがたいへんなのと非常に高価な機器であり、一般の診療所レベルでは購入が不可能であり、当院ではNaIシンチレータータイプは採用し、簡易チェックとしては十分機能を果たします。

以上当院では日本基準がでていないためベラルーシ基準を採用しています。

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

▼今後のセミナー情報はこちら▼

Photo

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

2011年9月10日 (土)

陰山家の墓参り*5

かような御先祖のことを父から聞かされたのは最近のことで、
親戚縁者が東京に全くいない中、平成元年に大学病院に通いながら
真夜中の診療室を泉岳寺の近くに開業したのことも
偶然ではなかったのかと御縁を感じています。

また和合医療学会の活動を通じて、和の感性、武士道的な感覚の復活を
願っているのも遺伝子が騒いでいる証しかもしれないと勝手に思い込んでいます。

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

▼今後のセミナー情報はこちら▼

Photo

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

2011年9月 9日 (金)

内部被爆検査に関してのお知らせ

現在高輪クリニックで採用している放射性物質の内部被曝を懸念する方の検査はスペクトロメーター、EAV、アムサット、血液、唾液からの酸化ストレスおよび抗酸化力の検査です。
今後、椅子型ホールボディカウンターおよび物質内に含まれるセシウム、ヨウ素などを計測するATOMEX社1320を用いての計測も開始します。

EAVは1950年代にドイツ人医師フォルによって開発された医療システムであり、そのうちロシアで開発されたイメディスは、放射性物質の内部被曝を同定するために用いられてきました。

ただし、ホールボディカウンターとの相関などのエビデンスがとらえておらずあくまで裏検査として用いられています。当院でも裏検査として使用していますが、科学的根拠のある検査と科学的根拠のない機器を混ぜることを避けるためにEAVの検査を除外することにしました。

また検査によって内部被曝が同定された場合の評価に関しては、ベラルーシのATOMEX社からの情報とdrアレクサンダーカイリスからの情報を用いています。

検査結果の報告後には、放射線被曝から身を守る方法の指導をさせていただきます。放射性物質からの被曝で生体におこる現象はミトコンドリアにおける活性酸素の発生です。したがって生活習慣、食生活の改善で、活性酸素の発生を減少させ、抗酸化力を向上させることを主眼にしています。

放射線から身を守る方法は、当院で得意とする歯科金属で蓄積した重金属排泄(キレーション)と方法論が類似しており、東洋医療的内容も含めて指導をしております。人の健康づくりは科学では割り切れない面が多々あり、その意味で科学的根拠が未だとれていない東洋医療的発想の指導や治療法も大いに役立つと信じています。

      医療法人社団癒合会 高輪クリニック 理事長 陰山康成

2011年9月 7日 (水)

放射線物質計測検査機器の日本での動向に関して

内部被曝を計測する方法は以下の3つです。

1.口角、鼻腔スメア法
口角、鼻腔から麺棒でぬぐいとって検体を表面汚染用の
サーベイメーターまたは放射能測定メーターで計測する方法

2.生体試料測定法(バイオアッセイ法)
便と尿など採取された試料から間接的に調べる方法。計測から結果まで約2週間かかる。また間接的に計測する方法なので、信頼性の高い評価を得るのは困難です。しかし、体外からの内部被曝計測と異なり化学的処理をおこなったのちに測定するために微量の放射性物質の検出が可能でありα、βのみをだす核種の同定には必要不可欠。費用、期間、信憑性に問題があります。

3.体外からの計測
(ホールボディカウンター、スペクトロメーター)

β線、α線に関しては体外まで届かないので計測があまり意味がありませんが、γ線、x線に関しては信頼のおける結果をだすことができます。

環境線量の影響をなくすために鉄、鉛での遮蔽が必要で大きな装置になる。原発施設で用いられている機器は、胸部から腹部にかけて検出感度があがる設計になっていて放射性核種の一様な検出になりません。またβ線がメインのヨウ素の検出には弱点があります。計測の用いられる検出用の筒は太く、広範囲を同時に計測することが可能です。また環境汚染用および体内被曝を検査する汎用できる機器にスペクトロメーターがあります。これは様々な精度の機器がありますが、環境線量の低い地域においては、内部被曝も正確にチェックすることができます。またβ線も計測できることから甲状腺の放射性ヨウ素の被爆に関しても用いることができます。

実際、甲状腺モニターと呼ばれる甲状腺専用の内部被曝計測にはスペクトロメーターが用いられます。ただし福島原発付近の計測では、環境線量によって誤差が生じ正しい計測をすることができません。東京での計測であれば、各部位にあてることでγ線を放出する核種に関してはホールボディカウンターでの計測と同様のことができることと、β線も計測できることから診療所レベルでの内部被曝スクリーニング検査に最適です。高輪クリニックでも現在、甲状腺モニターとしてのスペクトロメーターと筋肉、消化管の被曝計測としてのスペクトロメーターを用いて内部被曝の検査を実施しています。
また短時間で全身が計測できる椅子型ホールボディカウンターでの計測も9月11日に開始します。

椅子型ホールボディカウンター計測は、スペクトロメーターよりも大まかな検査になりますが、短時間に計測できることもあり、高輪クリニックでは福島県在住および避難した17歳以下の方の検査を無料で実施していきます。予約を本日より開始しています。(詳細はこちら

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

▼今後のセミナー情報はこちら▼

Photo

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

2011年9月 3日 (土)

陰山家の墓参り*4

私の父によると、その三名のうちの一人が、岐阜に落ち延び、その方が陰山家の先祖なのだのことです。

お墓の数からすると私が9代目、一世代30歳間隔プラス私の年齢を加えた310年前あたりが岐阜に住み着いた初代ということになります。

赤穂浪士の討ち入りが1703年、ほぼ計算が合うことになります。

しかし泉岳寺に掲載されている連判状に名を連ねながら打ちいらなかった氏名に陰山姓はなく、陰山家での伝言ゲームでのガセネタなのか、それとも泉岳寺での情報漏れなのかは不明です。

陰山家の元が、赤穂出身ということだけは間違いなさそうですが。

⇒続く⇒

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

▼今後のセミナー情報はこちら▼

Photo

▼9月4日(日)京都にて開催
第4回 トリートメントラリー

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

2011年9月 1日 (木)

陰山家の墓参り*3

ところで父からは、祖父陰山育三さんからの言い伝えとして、
陰山家が岐阜に住み着くことになった由来を
以下のように聞いていました。

赤穂浪士の討ち入りは当初、百名を超えていた。
引率する大石蔵内蔵助は、平和ボケした江戸の中期、
武士に武士道精神をよみがえらせる
君主浅野たくみのかみへの忠誠心としての仇討である。

陰謀として君主を貶め、切腹に追い込まれたことへの仇討で
詳細は以下のとおりです。しかし仇討を果たせば、
確実に攘夷であり参画した者は全員切腹となる。

そこで大石内蔵助は、約一年間、昼行燈のふりをして、
仇討の意思がなくなったふりをする。

徐々に大石の日々遊び呆ける姿をみて、
忠誠心をもとに立ち上がろうとした赤穂の武士たちは、
大義を忘れ遊び呆ける大石をみて仇討の決心が緩んでいきます。

約一年たち数が減ったことを確認した大石は
いよいよ時期がきたと認識し、
忠臣蔵の仇討を果たす日時を部下に告げると共に
死を覚悟して打ちいる同志に連判状への署名をさせたのです。

その際一説には50名がいたそうですが、
実際討ち入りしたのは四十七士でわかるとおり47名。

三名は大石内蔵助の家族への文を託し、
生き延びるように厳命を受け討ち入りに参加しなかったそうです。

⇒続く⇒

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

▼今後のセミナー情報はこちら▼

Photo

▼9月4日(日)京都にて開催
第4回 トリートメントラリー

sunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshinesunshine

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »