フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

和医師誕生に向けて*その1

昨今日本人のみならず海外の方々でも気力を削がれた、
虚証(生気が不足している体質)が増えています。
かような方には、中医学よりも日本古来から伝わる易しく心身を扱う伝承療法が効果を発揮します。

これらを高いレベルでこなす医療人を和医師として多数、
輩出することが急務だと思います。

和医師に関しては、今回出版しました『和合医療への道 』で触れましたが、日本古来から伝わる伝承療法を、くまなく系統だってこなすことができ、かつ一定のスタンダードを保つためには、和的伝承療法の教育システムを完成させた医学校が必要です。

そして国家資格にすることで、西洋医と完全に対等の立場で
適材適所に業務を分担する和医師が世に誕生するのです。

----------------------
和医師誕生に向けて*その2へ続く。
----------------------

2010年3月20日 (土)

第三回 国際臨床和合医療セミナー*その10

さて本会、当院スタッフを中心として手弁当ですべて運営いたしました関係で皆様には処々いたらぬことがあったかと存じますが、日常業務を平行してこなしながら、私の無茶苦茶な要求を武士道をもってしっかりこなしてくれておりました。

どうか和の心でお許しいただければ幸いでございますclover

準備期間約1カ月半で、セミナー延べ1600名以上、
懇親会約400名以上の方におこしいただきました。

セミナーパンフレットができあがったのも3日前と
実にいい加減なセミナーの準備にも関わらず、
これだけ素晴らしい講師、トリートメントラリーの治療家の方々、
ブース出展の組織の方々、そして皆様にお越しいただきました。

これは一重に、一生懸命短期間での情報提供や
集客に走ってくださいました多くの方々のお陰でございますsun

----------------------
第三回 国際臨床和合医療セミナー*完
----------------------

2010年3月19日 (金)

第三回 国際臨床和合医療セミナー*その9

杉本錬堂先生世界シャーマン会議の日本代表者です。

昨今の環境問題は
人類の哲学ベースの立て直しを必須としていますが、
それを古の英知を伝えるシャーマン(かたりべ)が
教えてくれていますmoon3

昨年はアメリカのUCLAに世界80以上の原始宗教をもとに
生活をしている部族の代表者が一同に会し、
今後の環境問題の解決策を練り、
世界平和のための祈りを捧げました。

今後は、本会では世界シャーマン会議の運営にも
協賛団体として力を入れていく予定ですclover

----------------------
第三回 国際臨床和合医療セミナー*その10へ続く。
----------------------

2010年3月13日 (土)

知夫里島*和合医療ヒーリングツアーのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行けば治るsign03知夫里島 和合医療ヒーリングツアーのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
水墨画教室と和太鼓で心を禊、ファースティングで身体を禊、
和合医療レクチャーで知識をつけ、海での行で魂を禊、
あらゆる難病を癒す和合医療ヒーリングツアーです。
───────────────────────────
開催日:2010年7月23~25日(2泊3日)───────────────────────────
中野素芳氏水墨画教室art
水墨画の世界第一人者の直接指導で
水墨画を描く水墨画療育です。

山田豊文氏ファースティングセミナーapple
中日ドラゴンズの落合監督の食事指導をして以来、
多くのアスリート、政治家などの健康管理プログラムを世に出し、
最近では医師の教育活動を展開している。
がんを始めとする難病にも山田式のファースティングは有効です。

陰山康成氏和太鼓療育和合医療セミナーclover
肉体、精神、霊性、レベルからの真の健康を獲得するための
実践的な方法を指導いたします。
和太鼓療法に太極棒を組み合わせた、
和太極尺療法の実践指導もお伝えします。

篠宮龍三氏潜水療法fish
ジャックマイオールの潜水記録を破る
110メートルの日本記録保持者の篠宮が、
難病の方を潜水の際に実践する
特殊なヨガの呼吸法で難病に対応します。
────────────────────────────
参加費:お一人様 15万円
セミナー費用、食費、宿泊費、
ツアー前の高輪クリニックでの人間ドック、自然薬費用含む
────────────────────────────
【お申込書PDFのダウンロードはこちら】
http://www.takanawa-clinic.com/SKMBT_C25310031310290.pdf
────────────────────────────

第三回 国際臨床和合医療セミナー*その8

岩本直己先生には、和医師の形成にむけての
トリートメントラリーをこなしていらっしゃいます。

京都で初めて参加したときには私も度肝を抜かれましたsign01

今後は漢方は和漢方およびアイヌ、
は、折り紙の経穴貼りまたは日本針、
スイナは柔道整復、気功は日本オリジナルのれいきなど)
これに食育は日本古来から伝わる玄米菜食、マクロビ、
運動は、武道、剣道、空手道、柔道、相撲道、弓道の活性化、
メンタルケアーは日本人独特の大いなるお節介と
護摩行、加持祈祷、座禅などを採用します。

もちろん和医師の基本哲学は、神道、仏教、武士道に基づきます。

戦前の修身の授業も復活された5年間の和医学部を構築し、
世界に通用する国家資格の和医師を排出するものですbud

----------------------
第三回 国際臨床和合医療セミナー*その9へ続く。
----------------------

2010年3月12日 (金)

第三回 国際臨床和合医療セミナー*その7

寺川國秀先生には、歯科と医科の連動で難病を癒す
メドデントインテグレーションアカデミーと
今後の本会のトップとして会の牽引をお願いしていますsign01

歯科と医科が和合することで、
医療の流れが逆流する可能性が高いのです。

いままでは各科分断、細分化の流れを、患者さんの状態を見ずに、
まっしぐらに医学の道はすすみましたが、
今後は分断された各科が協調して、
和合して動く合体する方向性をもつことで、
現状の難病が風邪と同じく治る病気になる可能性があります。

その意味で歯科と医科の和合が成就すれば、
医療の歴史上大きな事件であり、そうなるべきですsun

----------------------
第三回 国際臨床和合医療セミナー*その8へ続く。
----------------------

2010年3月 6日 (土)

第三回 国際臨床和合医療セミナー*その6

本セミナーの準備に要した期間が一カ月半、
ちらしが完成したのが12月28日、
プログラムは会の2日前にできるという
実にいい加減な準備での開催でしたが、
かくも多くの方に集まりいただき
かつ半端でない盛り上がりをみせる会となったこと、
一重に和合医療を推進しようという
思いの強い有志の方々のエネルギーと
時代の流れの賜物とひたすら感謝している次第ですclover

以下がラストの私の挨拶ですsign01

本日は本当にありがとうございました。
最後に本会大会会長および運営委員四名からの御挨拶をさせていただきます。今後我々の活動は、壇上の四名を中心に多くの方々に集まりいただき会を一般社団法人登録のもと活動をすすめてまいります。学会の分科会として三つの構成を考えております。一つは、歯科と医科の和合セクション、いま一つは、和的シャーマニズムを世に啓蒙する活動、そして最後は治療家同志が横つながりになりレベルをさらに引き上げ将来形成されるべき和医師資格の構築活動です。

----------------------
第三回 国際臨床和合医療セミナー*その7へ続く。
----------------------

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »