フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« これからの歯科医療 その12 | トップページ | ジルコニアインプラント導入セミナーの御案内 »

2010年1月 8日 (金)

これからの歯科医療 その13

時代が変わろうとも人が医療に求めるのは、
老いと病から生じる、恐怖、悲しみ、孤独感等々の
ネガティブな感情からの解放なのですsun

逆にどう転んでも滅びる肉体を救うことに限界があるなか、
肉体が救えなくても、肉体が滅びるまでの生ある限り、
ネガティブな感情にまさに串刺しにされていた
患者さんの心を救済できれば
医療のそもそもの目的は達成されますsign01

それどころが、串さしにされ、折れてしまった心を
解放することこそが医療の存在意義なのですclover

機械仕立てに人をとらえて、
肉体的要素中心に走っている医学医療の世界も
再生医療でいよいよその極みをみせる可能性があります。

そうなれば、真理を追究する意識に再現のない人類は
いよいよ、医療の目的の原点に立ち返り、
肉体的要素を制覇したうえで
本物の医療を推進する時代にはいっていくのです。


~これからの歯科医療 その14へ続く~

« これからの歯科医療 その12 | トップページ | ジルコニアインプラント導入セミナーの御案内 »