フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月19日 (木)

これからの歯科医療 その2

今回の討論会は千田利幸さんを中心に
歯科医師を対象に行われたものでした。

10分間のスピーチの中で、
6人の歯科医師の先生方が夢を語っていました。

まずは、3名の先生の夢をご紹介致します。

K先生
歯科医院から世界を笑顔happy01でつなぎ
夢を語り合える社会をつくる、というものでした。

M先生
予防に力を入れ、患者さんの人生を応援upするための医院作り。
100年後には治療をする歯医者hospital
なくなるくらいの意気込みで、ということでした。

MN先生
スタッフが輝くshine場を作りたい。
幼い頃、両親が離婚し、母親に育てられた先生の元に治療に通ってきた境遇が似ている小学生の女の子が、M歯科医院でのスタッフの方の対応に励まされ、大人になって松野歯科医院のスタッフとなって勤務することになったという、実話でした。
夢はディズニーランドならぬデンタルランド、
悩み相談などができる場cafeを設けたいとのこと。

~これからの歯科医療 その3へ続く~

2009年11月18日 (水)

これからの歯科医療 その1

先日の日曜日に閉塞感のある歯科医療の中で
夢をもって活動をしている歯科医師が集まり、
自らの熱い思いを語る討論会がありましたので、
報告させていただきます。

今回の趣旨は、歯科業界を明るくしよう、
たくさんの人の前で夢を語ることで、
自分だけでなく聞いている人も元気にしよう、
夢に生きよう、という趣旨で行われたものです。

元々は夢を語るプレゼンテーションの大会で、
一般向けのものは予選などもあったようです。


~これからの歯科医療 その2へ続く~

2009年11月 7日 (土)

教育論 その7

今回岐阜大学でのACLSインストラクターコースを受講して、
非常に感動して、明日からはスタッフ教育は
CONSTRUCIVE FEED BACK(建設的フィードバック)でいこうと
岐阜から京都に移動する新幹線では強く思っていました。

しかしOB会でY先生の『人は鍛えれば誰でも強くなる』との言葉が、
私の潜在意識を再び揺さぶり
『そうなんだよな~』との思いもよぎりました。

そして結局翌日からのスタッフとの
コミュニケーションはどうなっているかと申しますと、
問題点を自ら気づかせる発言(建設的フィードバック)や
よい点を極力まずほめる
(POSITIVE FEED BACK)を使い始めています。

しかし、口調が叱り口調でほめていると
微妙な違和感を感じているとスタッフからは、
DIRECT FEED BACKをもらっています。

まさに西洋化した教育、ものの考え方をしている
10代、20代、30代の方々をいかに教育するかを考えると、
私の頭は江戸から明治への混乱期の社会のような状態です。

明治と江戸の両極端を味わった濃厚な一日でした。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »