フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

男樹JOURNAL VOL.1

Flowerboy_2




熱血サウナ侍を一昨年10月以来の再開です。



本日から水曜日は男樹通信として
京都で開催されている男樹の会での情報を毎週発信していきます。


新渡戸稲造の説いた武士道こそが日本人の遺伝子に刻まれている日本人の脳回路の指令の中枢です。


昨今欧米文化を受け入れその根源の哲学まで受け売りをしすぎたために、
様々な問題が露呈しています。


和魂漢才、和魂洋才という言葉に表されているように日本人は歴史的に
海外の文化やシステムを日本人の神道精神を崩さず、取り込み、咀嚼し
巧みに過去のからの文化に和合させてきました。


この神道精神の大いなる影響を受けたのが武士道であり、仏教思想までも和合させてながら聖徳太子がといた和をもって尊しとなすを
武士道精神はたくみに完成させていました。



昨今の社会のひずみを、特に医療業界においてこの武士道精神を柱に、
真に役立つ医療システムの構築をねらう会が男樹の会です。




武士道精神を医療の世界に吹聴する男樹の会 設立!



医療の発展に必要とされる倫理、哲学に武士道の復活を!



男樹の会は、平成18年8月京都のとある赤提灯飲み屋で産声をあげました。


男樹のある男女が毎月一度集まり、諸問題をかかえた日本社会特に医療の世界を蘇生させるために武士道精神の復活が必要であるという思いのもと今後の諸活動を画策しています。










男樹JOURNAL「配信希望」の方は
こちらへ
男樹JOURNAL「配信停止」の方は
こちらへ
ご連絡いただけましたら幸いです。 

« 2006年12月 | トップページ | 2008年5月 »