フォト

高輪クリニック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月 6日 (月)

サウナ侍のナラティブ15

サウナ侍のナラティブ、
_サウナ侍の起源は虚弱体質にあり!_11

 六年生になると同時に、またしても父の転勤に伴って、今度は名古屋の小学校に転校します。ここでは野球に目覚め、お笑い護身術も奏功し、比較的スムーズに新しい環境に溶け込むことができました。

15

 かくして私は、健全なスポーツ少年へと成長を遂げたはず…ではありました。一方で、中学校に入っても自己催眠熱は冷めないばかりか、ますますのめり込むようになっていったのです。「お前は、誰だ?」からは解放されたものの、「人間の本質とは何ぞや」といった実存的命題は、常に私をとらえて放しません。カッパブックスで出会った自己催眠を皮切りに、守部昭夫先生の催眠技法に関する本や心理分析、潜在意識、夢判断といったジャンルの本を片っ端から読み漁るようになりました。

「人間の潜在能力を高めるときっと凄いことになるぞ」

 お年玉をコツコツ貯め込んだ私は、憧れの「シュルツの自己訓練法」の教材を手に入れ、テープがすり切れるほど繰り返し聴きました。こうした練習を重ねるうちに、超虚弱児体質も少しずつ影を潜めていったのです。

2006年11月 3日 (金)

サウナ侍のナラティブ14

サウナ侍のナラティブ、
_サウナ侍の起源は虚弱体質にあり!_10

 椅子に座って、全身の力を抜いて、ゆっくりと呼吸する。 右腕に意識を集中し、「右腕が重い」と念じると、少しずつ右手が重くなっていく・・・。そんな風なやり方でした。何だか自分の内面がずいぶん楽になってくる。気持ちが楽になると、それにつられて身体も楽になるようです。私はハッと気づきました。

06110301_2

(『病は気から』ってそういう意味だったんだ!)
 毎日のように自主トレーニングを重ねていくにつれ、今までとは違う、新しくて強い自分を手に入れるのも夢じゃない思うようになってきました。

(人間の潜在能力って、何だかスゴイかもしれない)

 こうした変化に伴って、かつて囚われていた「お前は誰だ」の無限ループも、実はある種の催眠術であることにも気が付きました。ただし、このやり方は自分の内面や身体の状況をちっとも楽にしないばかりか、よくわからない危険性もあるように感じられたのです。それ以来、自己流内観遊びには意識してブレーキをかけるようにしました。

2006年11月 1日 (水)

サウナ侍のナラティブ13

サウナ侍のナラティブ、
_サウナ侍の起源は虚弱体質にあり!_9

 さらにもう一つ、おそらく私の人生の方向性にもつながる大きなきっかけとなったのが、同じく五年生の時に本屋さんで偶然手にした『自己催眠術入門〜催眠で人は変われる』という一冊の本でした。

 人は変われるーこのフレーズの何と魅力的なこと! 気が弱くて虚弱体質。ものごころついてからずっと弱さへのコンプレックスを持っていた私にとって、「普通の子」への変身願望は、ウルトラマンへの憧憬に近いものがあったのです。
06110101
(人は変われるーホントに? ホントにそんなことできるのかな)
 『小学5年生』を買うつもりで母にもらったお金では足りませんでしたが、自分のお小遣いを補填することに躊躇はありませんでした。レジで精算を済ませると、私はまるで、ベータカプセルやウルトラアイを手に入れたような高揚した気分で走って帰り、自室にこもると、夢中でページをめくりました。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »